自宅を簡単リノベーション

賃貸マンションを主人と一部リノベーション

子どもと3人暮らしの自宅賃貸マンション。

 

最近は、玄関の壁がベビーカーで汚れることや、トイレの壁が補助便座や手すりの設置で汚れたり、傷がいくことが気になっていました。

 

そこで、よくテレビで見かける自分でできる簡単リノベーションをしてみようということに。

 

とりあえず、賃貸住宅にも使えるというシールタイプの壁紙を気になる部分の壁に貼ってみることに。

 

早速、ホームセンターに材料の買い出しに行きました。

 

ウォールステッカーと言われるような、壁に貼るイラストシールのような小さなものから、壁全体に上から貼り、雰囲気を一新するようなタイプのものなどいろいろ販売されています。

 

我が家は、便座より少し上くらいの位置までトイレに壁紙を貼る分、玄関のベビーカーより少し上の高さまで貼る分を計算して購入することに。

 

買ったのは、KABEDECOという商品。

 

値段的には少し高めで、トイレの壁両側、下半分だけ貼ろうと思うと、およそ1万円。

 

玄関も同じくらい費用がかかりますが、塗料や接着剤などが不要なので手軽で、紙質も上々。

 

きれいに貼るための道具だけ追加購入しました。

材料を揃えたら自宅で作業

KABEDECOが必要分、用意できたので早速作業に取り掛かります。

 

方法は簡単で、張りたい壁に合わせてKABEDECOをシールを貼る要領で貼っていきます。

 

貼るときは空気が入らないようにすることがきれいに仕上げるポイント。

 

ヘラを使って中心から外側に向かって空気を抜くようにヘラを動かしていくと、簡単に空気が抜けてピタっと密着していきます。

 

そして、カットしたいところで定規を当てて、カッターで不要な部分をカット。

 

それだけで見違えるような雰囲気へと様変わりしました。

 

しかも、すでに作ってしまっていた元の壁の傷も全く見えなくなりました。

 

我が家は、きっと今後も子どもがたくさん傷を作ってしまうと予想されたので、壁紙も傷が目立たないような柄を選びました。

 

作業時間はトイレと玄関合わせても1時間程度。

 

これで、汚れや傷を気にせず生活できると思うと安いものです。

 

しかも、貼る前より貼った後のほうがおしゃれ。

 

選ぶ柄や色合いによっては、部屋を広く見せる効果もあると思うので、ちょっとした部屋の模様替えに取り入れてみると面白いですね!