真剣にチャーハンを作ってみました

真剣にチャーハンを作ってみました

この間ラーメン屋さんで食べたチャーハンがとても美味しかったので、それに触発されて、私も美味しいチャーハンをマスターしたくなりました。

 

そのお店のチャーハンとネットの情報を参考に、いつもより気合を入れてチャレンジしてみます。

まずは材料選び

チャーハンに使う材料は、お店のチャーハンを参考に揃えます。

 

卵・長ネギ・かまぼこ・チャーシューが入っていたはず。

 

チャーシューは作ると手間と時間がかかりすぎるので、ブロックのベーコンで代用することに。

 

卵以外の材料は、全部みじん切りに。

 

お米と同じ大きさに近付けるのが、食感を良くするコツとのこと。

いざ炒める

まず先に、かまぼことベーコンだけ炒めて、水分を飛ばします。

 

特にベーコンは脂身があるので、しっかり脂を出し切るように丁寧に、焦がさないように。

 

炒めたら具と脂を別々の容器に移します。

 

そうしたら煙がもうもうと出るまでフライパンを強火で加熱。

 

ついにご飯を炒める番ですが、家庭用コンロの火力ではフライパンを振るのは逆効果だそうです。

 

空中で直火に当たるほど火が大きくなく、フライパンが火から離れる分熱が下がって、ご飯がパラパラになりにくくなるとか。

 

ついフライパンを振りたくなりますが我慢我慢。

 

フライパンが熱くなった所でベーコンを炒めた時に出た脂とサラダ油少々を入れフライパン全体になじませます。

 

そうしたら長ネギ、溶き卵、ご飯と、それぞれ具材をフライパンに入れたあと一拍おいてから順番に投入。

 

ご飯を入れたらすぐに木ベラで手早くかき混ぜて、卵をご飯に絡めつつ炒めます。

 

ご飯の塊を崩すようにしながらかき混ぜ、塊が無くなったら最初に炒めた具を入れて、風味付けに醤油を少し垂らし、塩コショウで味付けをして完成です。

肝心の味は?

いざ食べてみると、いつものチャーハンよりも確実に美味しくなってます。

 

普段のとの違いは、具をみじん切りにしたこと、先に炒めたこと、フライパンを煙が出るほど温めたこと、フライパンを振らなかったことですが、大分差が出る様子。

 

いつもより具が多めですが、先に炒めて水分を飛ばしてたからか、ちゃんとパラパラに出来てます。

 

お店のチャーハンに比べるとまだ劣りますが、食感は大差ないレベルな気がするので、調味料の問題ですかね。

 

しかしお店の味に十分近付けたので、このチャーハンは大成功と言っていいでしょう。

 

あとはこの作り方を忘れないように、何度か練習するだけです。