水切りケースを買いました

手作りの水切りヨーグルト

少し前から市販のヨーグルトコーナーに増えた水切りヨーグルト。

 

あのギリシャヨーグルトと呼ばれているものですね。

 

各ヨーグルトメーカーさんから出ていて、私も好きで食べていたのですが、遅ればせながらもついに自宅で作ってみました。

 

何のことはありません。

 

専用の水切りケースを買ってきて、市販のプレーンヨーグルトをセットするだけの簡単なものです。

 

家にあるザルやタッパーで作っている人もいらっしゃるようですが、冷蔵庫への収納のラクさを考えて、ちょっと悩んだ挙句に購入しました。

 

小さなものは100円ショップにもありました。

 

個食ずつ作りたい、少ししか食べられないっていう人には便利そうでした。

 

私は一度に作りたいので、市販のプレーンヨーグルトが一度に入れられる大きさが嬉しいです。

 

ザル状になった内ケースにヨーグルトを入れて、冷蔵庫に入れて数時間待つだけで、美味しい水切りヨーグルトの完成です。

 

私はしっかり水分が切れたものが好みなので、いきなり最初から24時間置いてみました。

 

もちっと固く、すくったスプーンから落ちない固さに大満足です。

アレンジも色々

市販の水切りヨーグルトにも、フルーツソースがついたものや蜂蜜がついたものと色々ありますが、やっぱり生の果物を入れて食べたいです。

 

リンゴやバナナ、オレンジなどを入れてみました。

 

どれもとっても美味しかったです。

 

水切りした際にでるこの水、たぶん多くの方がご存知だとは思いますが、ホエーといって栄養がたくさんあるものなのです。

 

当然使わなくちゃもったいないので、さっそく定番のカレーに使いました。

 

まろやかでコクのある、とても美味しいカレーが出来ました。

 

その他には、シチューや乳酸菌飲料風のドリンク、少しだけお味噌汁にも入れてみました。

 

シチューやカレーは出てきたホエーそのまま全部使って大丈夫でしたが、ドリンクやお味噌汁は控えめな量の方が良かったです。

 

調べてみたら、どうやらお肌のお手入れに使う人もいるとか。

 

まだまだ色々使えそうです。

 

水切りヨーグルト同様に、せっかくなのでホエーのアレンジも考えたいと思います。