義理の両親との旅行

早朝出発

普段より1時間早い4:30に起きて身支度を整え、子供たちに寝てる間に日焼け止めを塗り着替えさせ、車に乗せて出発!

 

ところが私の準備不足と支度の遅さもあり、夫に叱られました。その理由はというと、私の優柔不断なところ(正直一度決まった義理の両親との旅行をあまり良く思ってなかったのです)がいけないのですがそれが、態度に出たのか準備不足に出たのか、夫の逆鱗に触れました。

 

旅行の朝に険悪な雰囲気って最悪ですよね。

 

夫もそう思ったようで我慢してくれ、「まあ頼むよ、楽しく行こう」と言ってくれました。義実家に着いた頃には子供達も起きていて、義両親の荷物を積んでいざ出発!!

 

義両親の荷物を積んだらもの凄い事に・・・そう、旅行自体1泊だけなのですがその後義実家にも泊まるんです。

 

義実家には2泊のつもりですが、実家大好きな夫は秘かに3泊を企んでそう。それはいつもの事なんですが。義母にはそれは嫌がられてるのをお構いなしに。

 

泊まりの荷物も含まれてる旅行鞄ですから、夫婦の洋服だけでもスーツケースに入れての荷造りでした。

 

あとは旅行先でバーベキュー・子供が喜ぶ虫取りなどする予定でBBQ用品(炭3s含む)、虫取り網、カゴなど持ち込んだせいで運転席からは後ろが見ずらいくらい・・・高速を使い目的地に着きました。

 

今回の旅行は場所は義父がここに行ったら孫が喜ぶんじゃないか。

 

という一声で決まり、キャンプ場の下調べと予約を夫がして、私は旅行のタイムスケジュールを立てました。

 

少しだけ私は内心、自分らが行きたいんだから、予定くらい立ててよと思いましたが、私は専業主婦。

 

夫には「俺は仕事してるから調べられないから、タイムスケジュールは頼んだわ、皆が喜ぶような場所をキャンプ場所付近で調べといて」と言われたらやらない訳にはいかず。

 

どうせ行くのだから、楽しめば良いと心に決めれば良いのですが。

4歳の我が子の経験値アップにと、まずはブドウ狩り

ブドウというのは果物の中でも糖度が高く、イチゴ狩りなどと違って何個もいっぺんには食べられないんだそうです、喉が乾いてしまって。

 

なので実はブドウ狩りでの食べ放題は向かないんだそうです。

 

あるブドウ園のご主人のブログに載ってました「お客様は得はされない。

 

食べ放題ではなく、ブドウ狩りを経験し、のちに試食とかで食べて買って帰るとかの方が良い」と。

 

ですが自分で採って食べるという経験をさせてい一心で申し込みました。

 

ですが!一度入園したはいいものの、オシッコとじじと行ったきり帰ってきません。

 

良く見ると売店でかき氷をたべてるではないですか!!夫が「え!?なにやってんの?」と聞くと「○○(孫)がかき氷が食べたいって言うから・・・」との回答にビックリ。

 

しかもいちご味。ふだんブドウも好きで食べてるのに。イチゴに惨敗でした。

結果

ブドウ狩りは×でしたが、残りの予定の猿まわし劇場とバーベキューと花火と、あと湖の遊覧船、公園。これは当たりでした!

 

息子が喜ぶものだけのつもりもなく、温泉好きの義父、道の駅等での農作物などの買い物好きの義母、満足できたかしら?

 

私も好きな遊覧船と博物館に行けて、まあ皆が喜ぶような旅行ができたかなと思いました。